【Minecraft】マイクラ1.17「server.jar」を開くには「Java16」が必要(対処法解説)【Java最新版/1.17】

「server.jar」が開けない場合の対処法

JAVA版minecraftで、マルチプレイ用のサーバーを立てるための「Server.jar」ファイルが開かない(反応がない)場合の対処法です。

minecraft-server-jar

(↑)ダブルクリックしても反応がない。バッチファイルを作っても起動しない状態。

21年6月時点での最新版「minecraft 1.17」において、最新版の「Server.jar」を起動しようとしたら反応がなく、ログを見てもエラーを吐いているようだったので対策を調べました。

Javaの最新版が必要

結論から書きますと、マイクラの開発環境が1.17からJava16に移行したため、最新版のJava16が必要でした。(当記事まで辿り着いた方は、恐らく最新版のJava8のインストールなどは試したと思いますが👀💦)

21年6月時点で普及している安定版javaの最新バージョンがJava8の「jre-8u291」でした。

今回のアップデートで新調された1.17対応の「Server.jar」ファイルは、どうやらNon-LTS(短期サポート版)の「Java16」で作られたようで、普及している安定版(長期サポート版)の「Java8」の最新版では起動できなくなっているようです。

ぽんぬ
というわけで「Java16」をインストールする必要があります!

ダウンロード方法

こちらのページから、インストール用.exeファイルをダウンロードします。(windowsなら「jdk-16.0.1_windows-x64_bin.exe」)

java16-download

ダウンロードしようとすると、OracleのJavaライセンス規約に同意を求められるので、チェックを入れてダウンロードします。

java16-install

ダウンロードした「jdk-16.0.1_windows-x64_bin.exe」を起動し、指示に従ってインストールします。

インストールが完了したら、先ほどまで開かなかった「Server.jar」が動くようになっているはずです。

ぽんぬ
解説は以上です!お疲れ様でした!サーバーの立て方に関して詳しくはこちら(↓)
Minecraft関連記事

スポンサーリンク

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です