【Minecraft】レッドストーン回路解説!「反転」の方法(NOT回路)【レッドストーン初心者向け】

NOT回路

minecraft-redstone-not-on

ぽんぬ
初級編です!これを覚えておくと様々なところに応用できます。

回路のオンオフを反転させる「NOT回路」の作り方と仕組みの解説です。

NOT回路なんて言うと難しそうな印象を受けるかもしれませんが、とってもかんたんでほとんどの自動化装置などに組み込まれています。

オンオフの反転

minecraft-redstone-lamp

レッドストーンランプにボタンで信号を送ってオンにしてみます。これが通常の場合です。

minecraft-redstone-lamp-not

これがシンプルな「NOT回路」です。ボタンを押すと逆にオフになります。(信号が途切れるとトーチの影響でオンになるので、ランプが点灯します。)

トーチを交互において反転

minecraft-redstone-not-on

レッドストーントーチを交互に置くことで、上にあるブロックについたトーチが反転してオフになります

minecraft-redstone-not

信号が流れていないときオフにしておく

minecraft-redstone-inversion

この画像では一番上の「ディスペンサー」をオフの状態にしています。ディスペンサー部分をオフにしながら地面から上まで回路を上に登らせるときにも使えます。

常時(信号が流れていないとき)オフにしておくことで、信号が流れるとオンになるようにすることができます。

ぽんぬ
回路を組んだ時に最終的に逆に作用するようにしたいときは、トーチを交互におくと反転させることができます!

(↓)こういったシステムでよく使用します。トーチが消えている部分はNOT回路になっていて反転しています。

Minecraft関連記事





スポンサーリンク

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です