【PS4】キャプチャ機器でPS4の映像が映らない場合の対策 ⇒「HDCP」を無効にする【やり方まとめ】

HDCPの解除方法

HDCPとは

HDCPとは「High-bandwidth Digital Content Protection」の略で、直訳すると「広帯域デジタルコンテンツ保護」といった感じになります。

要約すると、デジタル機器を介してコンテンツを不正にコピーすることを防ぐ目的で導入されている、コピーガードのことです。

コピーガードが無い状態でHDMIを録画機器に繋ぐと、Blu-rayなどの映像を簡単に録画できてしまうので、著作権保護などの目的で実装されています。

ぽんぬ
これがオンになったままだと、キャプチャーボードなどのキャプチャ機器で映像を映すことができません。

解除するメリット

  • HDCPの暗号解除機能のないキャプチャ機器(一般的に売られているキャプチャーボードなど)でも、映像をキャプチャできる(映せる)ようになる
ぽんぬ
製作者(メーカー)の権利保護のための技術なので、ゲームをやりたいだけの我々からすれば邪魔にしかなりません...。

解除するデメリット

  • Blu-rayなどの映像コンテンツを再生できなくなる(解除中のみ)

HDCPを再びオンにすれば再生できるようになるので、HDCPをオフにしたから今後ずっと見れなくなるわけではありません。

HDCPを解除する手順

ぽんぬ
HDCPを解除する方法は非常にかんたんです。(ちゃんと設定にオンオフの項目を用意してくれています。)

まずPS4をキャプチャ機器に繋ぐ前に、テレビなどの普通に映像が映る機器に繋いで電源を入れます。

PS4-HDCP-1

PS4のホーム画面が映ったら、「設定」を押します。

PS4-HDCP-2

次に「システム」と進みます。

PS4-HDCP-3

「HDCPを有効にする」という項目があるので、チェックを外します。

ぽんぬ
HDCPを解除する方法は以上です。一度しっかりPS4の電源を切り(シャットダウン)キャプチャ機器に繋いで再度起動してみてください!
PS4 ゲーム関連記事

スポンサーリンク

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です