【Minecraft】かんたん!いちばんシンプルな「自動ドア」の作り方(図解)【レッドストーン回路】

「自動ドア」の作り方

マインクラフトのバニラで作れる「自動ドア」の作り方の紹介です。

おそらくレッドストーン回路を使用した自動ドアの中で最もシンプルかつ有名な自動ドアです。

ぽんぬ
いちいちYouTubeで動画を見なくてもこちらの画像を見れば一発でわかりますよ!

自動ドアの仕組み

minecraft-automatic-door-open

※右の方のレールは関係ありません

ぽんぬ
回路はこれだけです。ワォ!シンプル!

ドアの開閉部分には粘着ピストンを使用しています。粘着ピストンに接している「石」ブロックの部分が開いたり閉じたりします。

その一つ手前の足下に「感圧板」を置いて、踏んだら感圧板の下の回路がオンになるようにレッドストーン回路を引きましょう。

minecraft-automatic-door-close

閉じた図はこんな感じです。反対側も全く同じでOKです。

回路とピストンを隠して完成

minecraft-automatic-door

木材などのブロックでピストンを隠したら出来上がりです。ドアの 開閉かいへい部分をガラスにしてみましたが、 粘着ねんちゃくピストンの緑色のベチャベチャが見えてしまうので、これがイヤな人は透けていないブロックを置きましょう。

回路を隠すときの注意点

minecraft-redstone-circuit-half-block

回路を隠すとき、側面の段差になっている部分(赤丸↑)をフルブロックでおおってしまうと回路がとぎれてしまうので、ここだけハーフブロックで隠すようにしましょう。

ぽんぬ
あとは建築物に合わせてうまく隠してみてね!
Minecraft関連記事

スポンサーリンク

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です