【Apex Legends】「ジャンプ撃ち」のデメリット!ジャンプ癖がある人はしゃがみ撃ちを練習しよう

ジャンプ撃ちはやめた方が良い?

ジャンプ撃ち

CoDなんかでFPSを始めた人は、敵と会った際にジャンプしながら撃つ癖がある人もいるかもしれません。

APEXにおけるジャンプ撃ちは、一見敵のエイムを撹乱することができるように思えますが、立ったままの姿勢で動きの予測線が読まれてしまうため、敵から見ると意外と当てやすいです。

至近距離戦闘でジャンプをすると、上手い人相手だと綺麗に動きが補足されてしまいます。

特にピースキーパーやウイングマンを持っていた場合、ジャンプの頂点を狙われやすいです。

撃ち合い中にジャンプした時の見え方

このゲームは左右移動(レレレ撃ち)の移動速度が速いので、ジャンプをした方が動きが遅くなり、被弾しやすいです。

他FPSゲーでもジャンプ撃ちをすると弾が拡散して精度が悪くなったりするので、ジャンプ撃ちの癖がある人はジャンプしないように意識した方が良いかも。

しゃがみ撃ち

一方しゃがみ撃ちは、自分のヒットボックス(当たり判定)を小さくしながら照準を絞れる(精度が良くなる)ので、効果的です。

しゃがみ時に移動速度が落ちるのでしゃがみを挟みすぎると逆に当てられるので注意。

相手がヘッドライン(頭の高さ)に照準を置いて撃っている場合に、しゃがみを挟めると弾を避けやすいです。

シャーク教官
至近距離戦闘において、しゃがみを効果的に挟めると勝率が上がること間違いなしデス
レヴナントのしゃがみ撃ち

レヴナントはしゃがみの移動速度が速いので、常にしゃがみの「しゃがみレレレ撃ち」でも強いです。

スライディング

接敵時にスライディングを入れた時の見え方

(↑)ジャンプされるより当てにくいです。

スライディング撃ちは、しゃがみの一歩先を行くキャラコンテクニックです。

接敵時や、オブジェクトの影から飛び出す時にスライディングで飛び出すことで、相手の初弾をかわしながら先制を取りやすくなります

加速が0の状態では、一度ジャンプを入れてから着地時にしゃがみを入力すると、スライディングが出ます。

戦闘中に一度回復を挟むために岩陰に隠れたい場合など、スライディングを咄嗟に出して位置を変える癖を身に付けると使える場面は多いです。

シャーク教官
攻守に有効なテクニックなので、練習してみましょう

戦闘中のスライディングに関しては、YamatoN先生の動画(↓)がとても参考になるのでオススメです。


Apex Legends 関連記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です