【APEX】ヒットボックス(当たり判定)とステータス「小柄/鉄壁」について【レイス最強!パスは溶けやすい?】

ヒットボックス(当たり判定)

「レイス全然当たらね~」とか「敵のジブ固え~」とかよく言いますが、実際このゲームはキャラクターによって身長横幅に差があり、その差は当たり判定にも影響しています。

身長と体積

当たり前と言えば当たり前ですが、身長が高い方が当たり判定が大きいです。

身長が高いキャラはジブラルタル、コースティック、パスファインダー、レヴナント辺りです。

単純に当たり判定が大きいので、ピースキーパーなどの武器の当たりやすさがキャラによって有利不利があるということです。

ジブラルタルは、なんと一番身長の低いレイスの1.4倍あります。被弾しやすさが抜きん出ている分「ガンシールド」によってHPが割り増しされる調整がされています。

ステータス効果

「鉄壁」

該当キャラ
ジブラルタル、コースティック

あらゆる被ダメージが15%軽減されます。

この二人はデb当たり判定が横にも大きいので、その分被ダメージ軽減のステータス効果があります。

正面でR-99などを撃たれても、しっかり自分も当てたら撃ち勝てることが多い印象です。反面、横や後ろから撃たれたらバシバシ被弾するのでなるべく正面から撃ち合いたいレジェンドです。

ジブラルタルにはガンシールドやドームシールドで被弾を回避する手段がありますが、コースティックにはガスしかないので上手くガスをスモーク代わりにして身を隠すようにしましょう。

「小柄」

該当キャラ
レイス、パスファインダー、ライフライン、ワットソン、レヴナント

あらゆる被ダメージが5%増加します。

溶けやすい代わりに弾を避けやすいので、当てられない動きを意識して撃ち合うのが重要です。

特にレイスは身長も小さく、虚空もあるので被弾しにくくやられにくいレジェンドです。ライフラインやワットソンも同じく撃ち合いの際、被弾しにくいです。

パスファインダー/レヴナント

非常に溶けやすいレジェンド

パスファインダーとレヴナントも身長が高く、ヒットボックスが大きいです。

身長が高くヒットボックスが大きいのに「小柄」による被ダメージ増加があるため、真正面からの撃ち合いになるとすぐに溶かされてしまいます。

この2キャラはジブラルタル、コースティックと違いアビリティやパッシブによって「移動」が有利なレジェンドなので、その対価として真っ向勝負をする際に不利になる調整がなされているものと思われます。

パスファインダーやレヴナントを使う際は、有利ポジションを取ったり味方と角度を付けて撃つように立ち回ることが重要です。

レヴナントで正面での撃ち合いになった際は、しゃがみレレレを意識することでヒットボックスの大きさをカバーすることができます。

SPYGEAとstylishnoobのヒットボックス談義
(※敬称略)

DeToNatorのSPYGEA氏 と stylishnoob氏のランクマ配信の一幕です。

要約すると:パスファインダーは撃ち合いになるとすぐ溶けるので、ランクマッチでは撃ち合いに強いレイス、ライフライン、ワットソン、ジブラルタル辺りを使う方が良いかもしれない…。といった話です。
シャーク教官
パスファインダーやレヴナントを使う時は、いかに正面から撃ち合わない立ち回りができるか、が非常に重要になりマス

Apexの近距離戦闘では当たり判定とダメージに影響するステータスが結構影響してくるので、戦闘になったらこれらを意識してみると勝率が上がるかもしれません。

Apex Legends 関連記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です