【GTAオンライン】「公開セッション」でネットワークを切断して実質ソロセッションにする方法【Grand Theft Auto V】

公開ソロセッションの作り方

「公開セッション」とは?

gta5-open-session

「公開セッション」とは、無造作にいろんな人が放り込まれるオープンなセッションです。

普通にオンラインをプレイを選択してゲームを起動すると、公開セッションに飛ばされます。

基本的に公開セッションの方がロードが長く、PKされたりプレイの邪魔をされる可能性があるのでソロプレイヤーは「ソロセッション」もしくは「招待限定セッション」「フレンド限定セッション」などでプレイする方が良いです。

しかし、一部のビジネスを始めようとすると、「公開セッション」でしか開始できない場合があります。(地下基地の武器密造ビジネスなど)

ぽんぬ
公開ソロセッション状態にすれば、過疎サーバーを探したりする必要がなくなります!

ネットワーク接続を切断する

まず、タスクマネージャーを起動します。(Ctrl + Shift + Esc)

gta5-taskmanager

タスクマネージャーの「パフォーマンスタブ」の下から「リソースモニター」を起動します。

gta5-resource-monitor

「GTA5.exe」を右クリックして「プロセスの中断」を選択することでネットワーク接続が切断されるので、そのまま少し待ちます。(7秒程度)

待ち終わったら忘れずに「プロセスを再開」し、GTAに戻ります。

セッション上のプレイヤーが全員退室扱いになっていれば成功です。(正確には自分が抜けた状態)

ぽんぬ
これで、「公開セッション」でソロプレイが可能です!

セッションの情報を確認

gta5-command-z

公開ソロセッションになっているかどうかを確認するには、「Z」キー(PC版デフォルト)を押します。

すると、現在のサーバーの情報が出てくるので、左上のプレイヤーリストを見て、「公開セッション」(1人)となっていれば成功です。

gta5-solosession-bounty
ぽんぬ
ソロだと賞金首にされても関係なく、逃げ切った場合その賞金がそのまま財布に入ってくるなどメリットも多いです。
Grand Theft Auto 関連記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です