【APEX】チームの生存率が上がる「カバー」の重要性とタイミング【エーペックス】

上級者必須テク「カバー」

apex-healing-cover-fire

「カバー」って?

バトロワ系のFPSをやっていると、よく上級者は「カバー欲しい!」なんて言いますが、カバーって具体的にどういうものでどういう場面で行うべきか、よっぽど上手い人のプレーをたくさん見ていないと分からないと思います。

シャーク教官
今回はチームを助ける「カバー」について紹介しマス。少し上級者向けですが、これを実践できるようになるとランクマッチなどでチームの生存率が上がると思いマスよ

カバーとは、基本的には味方が不利な状況などで「自分の撃てる(見ている)範囲」を味方の助けになる位置に合わせてサポートすることを指します。

相手の攻撃(またはそのチャンス)に対して味方を守る為に迎撃態勢を取ったり、牽制を行うといったニュアンスでよく使います。

Pファインダー
文章で言っても上手く伝えられていない気がするので...分かりやすいように具体的に例を挙げてカバーした方が良い状況をいくつか紹介します!

カバーをした方が良い場面

味方が回復/蘇生をしている時

apex-healing-cover

中近距離での戦闘中に味方全員が同タイミングで回復を始めてしまうと、敵への牽制が疎かになってしまい、敵が押し切ってくる可能性が高くなります。

味方が回復している間、1人でも迎撃(カバー)をすることで敵を近寄らせにくくすることができるので、チームが瓦解せず耐え凌げる確率が上がります。これがしっかりできている上手いチームは、いくら削られても崩壊しにくいです。

自分に余裕がある状況(かつ近くに敵がいる状況)で味方と同タイミングで回復したり、味方が回復をしている位置より後退する(前線を下げる)ことのないようにしましょう。これは意外とできていない人が多いです。

シャーク教官
ライフラインは味方を蘇生しながら自らカバーができるようになったので、この点においては秀でていマス

また、敵の足止めにはテルミットグレネードが非常に有効です。味方が蘇生を試みる前に足止めにグレを投げておく…というのも緊急時の良いカバーになります。

戦闘になるとすぐに押し切られて全滅してしまう…というチームは、エイム以外にもこういった部分の連携ができていないかもしれません。

◆point
よく上手い人の配信や動画などで回復アイテム使用中に「巻いてる!」という報告を聞くと思いますが「カバーが欲しい/今カバーができないよ!」という意味で言っていることが多いです。
Pファインダー
そういう視点で上手い人たちのプレーを見ると、回復のタイミングや味方のカバーなど非常に勉強になります

味方とのスイッチ

apex-healing-cover-team

回復中のカバーと似ていますが、敵に削られた場合やリロードなどで一度引いてきた味方と入れ替わって撃ちに行くのも重要です。(スイッチと言います)

シャーク教官
APEXで一番分かりやすい例は味方レイスの虚空デスね。

近距離で戦って削り合いをしてから、虚空で引いてきた味方のレイスが敵に追撃されないように交代して迎撃するのもチームの重要な役割です。

レイスを使っている人もこれを意識して(以前より逃げにくくなりましたが)味方の方に逃げる意識を持つと良いと思います。

味方が移動中(遅れている時)

リング外などでやむを得ず遮蔽物の無いところを味方が移動している際、自分が既に安全な場所まで移動できた場合は、味方のカバーをしてあげましょう。

平原を移動している時などに敵に撃たれるとノックダウンを取られやすく、ノックダウンを取られた場合その後の救出も厳しくなってしまうので、一方的に味方が狙われないように敵を牽制してあげる意識を持ちましょう。

状況としては、平原に落ちたケアパッケージを味方が取りに行くみたいな感じの時もそうですね。他から撃たれる可能性がある時は見ていてあげた方が良いです。

◆point
「いつもチームメイトの移動が遅れて落とされてるな…」といった心当たりのある人は、もしかしたら自分がオーダー(移動指示)を出すばかりでカバーが疎かになってしまっているかもしれません。オーダーを出す人は移動も先行することが多いので少し気を使ってあげましょう。
追ってくる敵への牽制

似たような状況として、味方が3人で逃げている際に執拗に追ってくるチームが居ます。

APEXではガン逃げする敵に対して地の果てまで追っていくチームもよく見かけます。反撃してこない敵は一番倒しやすいからです。

こういったチームに対しては、迎撃してダメージを入れないと足を止めようとしないことが多いので、有利な位置で一度立ち止まって迎撃する意識を持つことが大事です。

それができない場合、3番手がフォーカスを浴びて落とされたり、レイスやパスファインダー以外のベタ足(移動系スキルの無い)キャラが逃げ切れずに落とされたりしてしまい、結果的にチーム全体の勝率が下がります。

有利ポジ(高所など)への牽制

Apex-cover-highposition

スナイパーライフルなど射程の長い武器を持っている人は、高台の敵から味方が一方的に撃たれないように牽制をしておくのも大事です。

トータルのダメージ量で勝てれば相手が顔を出してこなくなる事も多いので、スナイパーライフル系の武器をよく担当する人は意識しておくと良いと思います。

クロスを組む

シャーク教官
FPS用語で「クロスを組む」という用語がありマス。

単に正面から2人3人で撃ち合うのではなく、1人が側面を取って撃つとその1人は一方的に撃てるので有利を取れるという意味合いです。

これもカバーの一種で、撃ち合いをする時は1人で敵と応対するのではなく味方と同タイミングで別角度から挟んで撃つことを常に心掛けると、チームが撃ち合いを制しやすくなります。

Pファインダー
これらを意識すると、チーム全体の勝率が上がるので練習してみてくださいね!
参考動画(shomaru7さん)

(↑)味方にヘイト向いてる時の カバー>>回復 の話
17:00~ とか 7:50~の戦闘の最後とか

Apex Legends 関連記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です