【携帯会社】”3大キャリア”から脱却して通信費用を削減しよう!「格安スマホ」に乗り換えるメリットと手順、オススメの乗り換え先まとめ

通信費用を削りましょう

先日のソフトバンクの一件で、大手キャリア(a〇・ソ〇トバンク・ド〇モ)と契約するメリットに関して考える機会が訪れました。

↑ ※鍵垢の為スクショ。掲載許可得てます。

自分ももうかれこれ3年ほど格安スマホのキャリア(MVNO)を使用しています。

ぶっちゃけ、大手3社とまだ契約してる人は早々に乗り換える検討をした方が良いです。

とはいえどういうものか分からない人も多いと思うので、格安スマホのメリット、デメリットと乗り換えに際する手順をまとめます!

MVNOとは?

大手の携帯電話会社から回線などを借り受け、格安で提供する事業者のことです。

メリット

  • 安い

超安い。これに尽きます。

大手キャリアだと、月々1端末1万円近く支払っているのでは?必要経費だからこそ、この額だと家計に大打撃!!

MVNOで契約すると、あまりデータ通信をしない方なら月々1,000円以内に収めることもできます。(よく使う人でも3,000円とか)

おすすめのMVNO業者「IIJmio」のプラン↑(例)

デメリット

もちろんデメリットもあります。

  • サービスが受けられない
  • 保証は無いと割り切る
  • キャリアのメールが使えない
  • 乗り換えが若干面倒
  • 通信速度が劣ったりする

デメリットの方が多いように見えるかもしれませんが、毎月の携帯料金を考えれば、私からしてみたら上記は正直些細なことです。

ぶっちゃけ毎月携帯会社のショップにサービスを受けに行くとかなら高い携帯料金を払い続けるのもアリかもしれませんが、そうでもないのに月に7、8千円とか払っている方は、早々に乗り換える方がどう考えても得です。

保障にしても、今までa〇ショップを挟んでメーカーに依頼してたものを、自分で直接メーカーに送る事になるだけなのでむしろ手間が省ける場合すらあります。(てかメーカー修理になるような場合、キャリア挟んでも大体修理代金取られます。)

たぶんどうせ2年程度で新しいスマホにするんですから、その節約できたお金で新しいスマホ分の貯金をしておいて、壊れてもすぐ新しいのを買えば良いのです。※データだけは自分でバックアップを取る癖をつけましょう。

キャリアのメール(ezweb.ne.jp等)が使えなくなりますが、スマホならyahooメールやgoogleメールを使用すれば問題ないと思います。

乗り換えは面倒ですが、下記に手順を示します。
重い腰を上げましょう!

予備知識

MNPとは

MNPとはMobile Number Portablity(モバイルナンバーポータビリティ)の略で、携帯電話の番号を変えずに他キャリアに乗り換えることができる制度です。

MVNOの多くはMNPが可能なプランを用意しています。

MNPを利用する場合少々面倒ですが、今契約しているキャリアで「MNP発行手続き」を取る必要があります。(auは手数料¥3,240)

発行したMNP番号を新しく契約する格安スマホの会社に申請するだけです。

大手キャリアの違約金

大手キャリア(携帯会社)で契約している場合、ほとんどの人は「2年契約」を結んでいると思います。契約から2年の間に解約をすると、違約金が発生するようになっています。

どうせならこの違約金は回避したいところですが、格安スマホに早めに替えれば2、3ヶ月で取り返せる程度には携帯代が浮きますよ。

SIMロック

他キャリアのSIMカードを刺しても通信ができないようにする大手キャリアのクソうざ封印術、それがSIMロックです。

最近のスマホはだいたいSIMフリーだと思いますが、私が乗り換え当時使っていたXperia Z4のSIMをauからMVNOに変える時はSIMロック解除が必要でした。

一応、自分の使っているスマホの型番で検索して、SIMロックが掛かっているかどうかはチェックしておきましょう。

乗り換え手順

事前準備 移行日の15日前頃まで

PCにデータをバックアップ

この工程は特に必要ないですが、不測の事態に備え、一応予めデータをバックアップしておきます。

新規MVNOの契約先とプランを決める

これからスタートしましょう。オススメのMVNOキャリアについては後述します。

移行日の目標設定

※申請や取得手続きに期限があるため、目標日を決めてから逆算したほうが良いです。

現在のキャリア側でMNP転出手続き 14日前

前述したようにMNPを利用して番号を転出させる場合「MNP転出手続き」が必要になります。

※転出手数料が掛かります。(auは¥3,240)

今使っている電話番号にこだわりがない、若しくは今後電話を利用しない場合(LINE通話などだけ使用する場合)MNPの申請自体しなくていいです。

新規MVNO側でMNP申請 7日前まで

先程のMNP取得から有効期限が7日以上残っている間に申請しないといけません。なので、この過程は早い方が良いです!

本人確認

MVNO側にMNP予約番号を申請する際に、本人確認が必要になります。といっても、写真を撮って指定のURLにアップロードするだけなので簡単です。

必要なもの
  • 本人確認書類(免許証や保険証)
  • クレジットカード
  • メールアドレス

※クレジットカードの名義とMVNOの契約名義が違ったり、住所が本人確認書類と違うとグダるので注意しましょう。(東京に住んでるときに、免許証を実家の住所にしてたから実家に届いたものをわざわざ東京に再送してもらった経験があります;)

SIMカードが届く! 申込みから数日後

スマホのSIMを差し替え、APN(受信形式)の設定をして完了!

APNの設定は機種ごとに違うので、「機種名 APN 設定」などで検索してください。

元の契約キャリアを解約

MNPを利用する場合は、転出手続きの段階で契約解除になりますが、MNPを利用しない場合は新しいキャリアと契約した後に元のキャリアを解約しても大丈夫です。

以上、ざっくりですがこのような流れです。

オススメの契約先

と言ってもほぼほぼエアプなので、最終的には自分で調べてね。

価格の比較なんかは面倒なのでしません(オイ)たぶんどっこいどっこいです。

ドコモのスマホはだいたいのMVNOでそのまま使えます。何故かというとほとんどのMVNOの会社がドコモの通信網を借り受けていたりするからです。

※詳細は割愛しますが大手3社が販売しているスマホは、そのキャリアに特化した対応バンド(電波/周波数)に設定されているため、例えばauが販売していたスマホはau回線のMVNOの方が良いかもしれません。(VoLTEに対応してるとかもあるので)

スポンサーリンク

auからの転出の場合

mineo/IIJmio/UQ mobile
auのスマホのユーザーにオススメなのはmineo、IIJmio、UQ mobileあたりです。

たぶんこの3社辺りが無難です。今自分も通話用スマホはmineo使ってます。(auからMNP転出したXperia Z4)

IIJmioは1年ほど契約してました。確かドコモ系とau系のマルチバンドで、両方のプランの通信容量を合算できるメリットがあったと思います。(違ってたらスマン)

ソフトバンクからの転出の場合

LINEモバイル/Y!mobile

ソフトバンク回線を使えるMVNOは結構少ないです。(この記事を書いてる時点では)

ちゃんと調べてないからわからないけどLINEモバイル、ワイモバイル、mineo辺りが無難かなあ。

nuroモバイル

nuroモバイルってnuro光とセットで契約するとなんかあるのかな?nuro光を勧めるマンなのでインターネット回線も変える予定のある人は調べてみても良いかも

ゲームやる人におすすめのMVNO

Linksmate

Cygamesのゲーム(グラブル、シャドバ、デレステ、プリコネRなど)をやる人はLinksmateが断然オススメです。

まず、豪華なゲーム連動特典があります。そのゲームをやってる人なら絶対欲しいすごい特典です。

カウントフリーオプションというオプションもあります。対象のゲームによる通信料は90%OFFになるというゲームや動画視聴をする人には嬉しいお得なサービスです。詳細はこちら↓

DMM mobile

DMMのゲーム(艦これ、城プロ、お花など)をやる人はDMM mobileを使うと、利用料の一部がDMMのポイントとして還元されます。

特にキャリアにこだわりのなかった家族にDMMのSIMを使ってもらってて、自分のDMMのアカウントにポイントが入るようにしていますw

ちなみに家族でまとめて30GBとかのプランもだいたいのMVNOであります。安くなるのでオススメです。

その他のMVNOはどっこいどっこいなので各自比較してみてください。(丸投げ)

以上ざっくりでした。

スポンサーリンク

回線も強くしよう!

動画視聴やゲームなど、通信量が多い人にはこの回線がオススメ!

回線速度、安定性などあらゆる面で悩みが無くなる最強ネット回線

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です