【ウマ娘】「女神像」は使わない方が吉!?使いどころと☆5までの必要数まとめ【ウマ娘プリティーダービー】

女神像の使いみちと使いどころについて

女神像の使いみち

ピースと交換が可能

女神像はショップにて所持済の育成ウマ娘の「ピース」と交換することができます。

ピースは「育成ウマ娘の開放」(未所持の場合)や「才能開花」に使用できます。

Uma-statue-trade
  • 交換回数 1~25回 → 女神像1個
  • 交換回数 26~50回 → 女神像2個
  • 交換回数 51~75回 → 女神像3個
  • 交換回数 76~100回 → 女神像4個
  • 交換回数 101~650回 → 女神像5個
ぽんぬ
25個交換するごとに交換する際のレートが上がっていきます。(ウマ娘ごと)

必要なピースの数

Uma-piece-trade ☆5才能開花までに必要なピース
  • ☆3ウマ娘 = 500個
  • ☆2ウマ娘 = 600個
  • ☆1ウマ娘 = 650個
ぽんぬ
無課金で育成する場合、「女神像」が後の育成で枯渇してくることが予想されます。(後述)

プリコネRから見る女神像(予想)

PCR-memopi-trade

同Cygames社のゲーム「プリコネR」では、同じように「ピース」に交換できる「秘石」という上限解放アイテムがあります。

ぽんぬ
こちらも入手方法が限られており、イベント毎に一定数手に入るようになっています。

交換レートや”才能開花”など、こちら(ウマ娘)とほぼ仕様が一緒なので、プリコネで取られた手法をウマ娘に実装してくる可能性も考えられます。

プリコネでは才能開花の他にも「キャラ毎の専用装備」みたいな固有スキルを強化するアイテムの解放にピースを使用するので、ウマ娘でも今後そういった強化要素にピースを追加で要求してくる可能性が高いです。

限定SSRウマ娘に備えよう

今(21年3月時点)実装されている育成ウマ娘は、全てが恒常キャラクターなのでガチャで今後常に入手できる可能性があるのに対し、今後近いうちに定期的に実装されるようになるであろう「期間限定SSR」の育成ウマ娘は、そのピックアップ期間中にしか排出されないのでピースの入手数も限られてきます。

女神像は限定SSRの上限解放に使用するピースの交換用に置いておいた方がいいでしょう。

現在実装されている恒常ウマ娘のピースは、今後ガチャでピックアップのすり抜けが発生する度に入手する可能性があるため、長い目で見ると無駄になる可能性も高いです。

推しは優先してヨシ!

ぽんぬ
とはいえですよ。好きなキャラは上限解放したくなりますよね。

これは持論なのですが、推しへの投資はモチベというプレイヤーのやる気に対する一番のバフだと思っているので、好きなウマ娘がいる場合はどんどん使っちゃって良いと思います。

☆3にする恩恵は大きい

☆1、☆2のキャラは☆3にすると固有スキルが強化され、継承で引き継ぐこともできるようになります

ぽんぬ
これがかなり大きいので☆1、☆2のキャラを☆3にするのはメリットが大きいです。ある程度節約した方がいいですが、使うとこは使っていきましょう。
※この記事の情報は21年3月15日時点のものです。
ウマ娘 関連記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です