【競馬予想日記】2022年「オークス(GⅠ)」予想【2022/05/22】

2022年「優駿牝馬(オークス)」予想

はじめに

🏇=3
GIが来る度に競馬予想をするものの結構すぐに記憶を失うので、今回も桜花賞の記憶を失いながら予想しました(笑)

予想した内容を後から振り返る事ができるように今回から(できれば)日記をつける事にしようと思い立ったので、予想内容と結果を見ての反省も後日ブログにUPしたいと思ってます。

でも正直、予想を予想としてレース前に上げると外れる気がして、出したくない気持ちもあったり…あと日記書くほどの時間的余裕が毎回ないかもしれないので続くかは分かりませんが予めご了承下さいw

※注意事項:競馬素人が書いています。

✅参考にしているデータに間違いがある場合を除いて、
 基本的にご指摘等は受け付けておりません。
 間違ったことを言ってるかもしれませんが予めご了承下さい。

✅レースへのモチベーションにより、
 情報量に差が生じると思いますが予めご了承下さい(笑)

✅ギャンブルというよりはスポーツとして競馬に向き合っているので、
 買い目に関しては儲けを重視する方は参考にしない方が良いかもしれません。
 また、基本的にいくら賭けたかはハッキリとは公表しない方針です。

✅あくまで一素人の意見ということで、
 皆さんの予想の足しにして頂ければ幸いですm(_ _)m

「オークス」レース概要

「優駿牝馬(オークス)」とは

オークスは東京・芝2400mで行われる3歳牝馬限定のクラシックレースです。

※牝馬=メスの馬

3歳牝馬は5月のオークス開催までに走ってても2000mまでの経験しかなく、18頭全馬が初めての2400mという長い距離を走るので、距離適性の面でも実績面でも本当に予想が難しいです。

そのため、福永騎手曰く「どの騎手も慎重にレースを運ぶのでハイペースになりにくい傾向があるレース」だそうです。→東京は直線も長いので差し馬がしっかり届く展開になりそう?

血統などから距離適性を探る他、桜花賞(1600m)で逃げ/先行で沈んだ馬よりは差しを狙って上がってきた馬の方が距離延長が向くはずなので買いやすそうです。

当日の馬体重にも注目?

オークスは桜花賞より馬体重が軽い方が良いらしく、460~479kgぐらいが成績が良い模様。

逆に480kgを超えると近10年では(0-1-1-15)、440~479kgが一番分布が多くて(8-8-5-79)。

471.8kg
桜花賞勝ち馬 過去10年平均馬体重

455.8kg
オークス勝ち馬 過去10年平均馬体重

21年オークスを見ると、桜花賞組では重めのソダシ(472kg/8着)とファインルージュ(488kg/11着)らが悉く沈んで、アカイトリノムスメ(444kg/2着)、アールドヴィーヴル(422kg/5着)と桜花賞の成績に反してオークスでは軽い方が好走しています。勝ち馬ユーバーレーベンは462kg。

今回で見るとサークルオブライフがちょっと480kgを超えそうで微妙に不安なデータ。ピンハイ辺りには追い風のデータに。当日の馬体重チェックします👀

出走馬と枠順

keiba-22-oaks

予想内容

書く順番どうしよう👀💦見やすいのは馬番の順番かもしれませんが、記事的には書く内容多い順にした方が良いかと思うので本命から書いた方が良いかな?と思うのでひとまずこれで行きます。

以下 出走馬別予想

◎6サークルオブライフ

1番人気なのも納得。オッズは割れてるので結構美味しそう。

✅桜花賞こそ4着だが、結構不利受けてた展開で外から差して来ての4着なので強いかも。

✅キャリア成績(3-0-2-1)の最後の1が前述の桜花賞4着なので、オークスでも3着以内には高い確率で入って来そう。3連系の馬券の軸にしたい。

✅美浦(関東)馬なので今回輸送無いのも+。若い馬は輸送も慣れていない馬が多いので結構大きいポイント。地元(関東)じゃ負け知らずなのも◎。

✅一応当日の馬体重注視👀

〇18スターズオンアース

桜花賞1着は川田騎手が最高の競馬をした成果‼️

✅最近調子の良いドゥラメンテ産駒。

✅枠は大外なので正直不利かも。川田からの乗り替わりでルメールだが、これは馬の能力を比較しての選択ではないとの事。

✅戦績は(2-3-1-0)なので3連系の軸馬にしたい。

▲11ベルクレスタ

✅ドゥラメンテ産駒。左回り◎(1-2-1-0)

✅桜花賞見たら、サークルオブライフと一緒に外から差して来ててポテンシャルはありそう。着差こそ7着なものの、4角13位からの0.2秒差バリバリ混戦7着フィニッシュなので評価出来るかと。(今年の桜花賞上位の混戦具合が余計にオークス予想を難しくしてるよね😅)

△3アートハウス

✅川田騎手が勝たせたいらしく、スターズオンアースからこちらに乗り換え。

✅忘れな草賞(L)勝ち馬。記事執筆次点で3番人気に。

✅桜花賞が荒れた年はフローラS組や忘れな草賞組が馬券によく絡んでるらしい。今年の忘れな草賞はメンツこそレベルが高くないものの、この馬の勝ち方はめちゃくちゃ強く、ラップタイムを見ても過去忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユーよりも速い加速ぶり。

✅芝2000×3戦のみ経験の先行馬。うーむ。どちらかというとオークス<秋華賞向き?

✅中内田厩舎のオークス成績が(0-1-2-16)らしいのでこのデータも気がかり。阪神経験しかなく、初関東輸送なのも気がかり。

△4ルージュエヴァイユ

✅追切では舌をペロペロしながら走っていて余裕がありそうな感じらしい。

✅体重も軽め、上りも速め、2000m経験もある差し馬なので2400mも持ちそう?

△9エリカヴィータ

✅フローラSでは1着で完璧な騎乗をしていた田辺騎手が乗り替わりで福永先生に…そこがやや不満点。とはいえ福永先生は去年ダービーも勝ってるし評価高いので、うーん。

✅キンカメ産駒。ちなみにキンカメはダービー馬だけど産駒は近10年オークス成績(0-1-0-11)らしい。

△15ピンハイ

✅当日は馬体重注目(減少続き406kg

✅キャリア3戦新馬戦以外勝ち無し(とは言え2つ重賞なのでヨシ)。初の関東輸送なのがやや不安。

✅とは言え桜花賞では12-13位通過からの5着。上りも速い差し馬なので買いたい。

△16プレサージュリフト

✅ハービンジャー産駒。ちなみにハービンジャー産駒は近10年ダービー週までのGIで全然勝ててないらしい。

✅地元(関東)じゃ負け知らずくん。

✅桜花賞18→17通過の11着フィニッシュで上りも速い差し馬。良い。

✅キャリア全て後ろから行ってるので距離延長も〇と見た。

☆8ナミュール

※粗品

✅ハービンジャー産駒 スタートと折合が難しいとは武史談。チューリップ賞の勝ち方を見ると世代の中では一つ抜けているかも…?

以下消すかもしれない馬
1ウォーターナビレラ
武豊「桜花賞では勝つならこの展開という最高の競馬ができた」→とのことだけれども先行して最後差されて2着なので2400mになるとキツいかも。 また、最内枠である1番枠はオークスでは18頭立てになった1992年以降勝ちが無いらしい…。消しかも。
2スタニングローズ
キンカメ産駒 キャリア7戦 上がりは速い先行馬。一応勝ってるものの、相手はそんなに強くない
5サウンドビバーチェ
ドゥラメンテ産駒 重賞連帯無しで1600m以下の経験しかない先行馬なので消しかも。
7ホウオウバニラ
ドゥラメンテ産駒 新馬戦以外勝ち無し。馬体重減少続き416kgなので当日馬体重に注意
10ラブパイロー
パイロ産駒(米系)でダートを走るのかと思いきや、キャリア8戦(ダ5芝3)で近3走はダートという異色のローテで迷走気味っぽいおもしろい馬。重賞も勝ち無しなので消して良いかも。逃げたら勝ってるので逃げるのかな?
12ライラック
血統〇 地元(関東)じゃ負け知らずくん。桜花賞では全然ダメで福永先生が降りて乗り替わりになったので消しかも。
13パーソナルハイ
ディープ産駒。フローラS(2000m)で逃げて2着。逃げの方が良さそうな成績ではあるものの、フローラSではエリカヴィータに捕まっているので2400m持つかは微妙かも。それよりキャリア8戦で厳しいローテなので消しかも。
14シーグラス
近年何故か相性が良いゴルシ産駒という1点のみで抑えたいものの、キャリア7戦かつそんなにレベルの高くなさそうな忘れな草賞で6着なので微妙かも。
17ニシノラブウインク
キャリア7戦ながら1800mまでの経験しかない先行馬、かつ上りもそんなに早くないので消しかも。

まとめ

◎6サークルオブライフ
〇18スターズオンアース
▲11ベルクレスタ
△3アートハウス
△4ルージュエヴァイユ
△9エリカヴィータ
△15ピンハイ
△16プレサージュリフト
☆8ナミュール

まだ半分(9 頭/ 18 頭)じゃん!全然まとまってな~い!(笑)
あとはギリギリまで悩みますw🐴💦

レースと買い目の結果はこちら(↓)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。